アウトドアウェディング@那須町野外研修センター

那須高原のキャンプ場で趣向を凝らしたアウトドアウェディング

那須連山の麓に広がるキャンプ場「那須町野外研修センター」を貸切にして、アウトドアウェディングパーティーが開かれました。

ゲストの人数は約60名。東北出身・東京在住の主役のお二人が、東京の友人と東北の友人がアクセスしやすい場所ということもあり、このロケーションが選ばれました。

また那須町野外研修センターには、常設の”コテージ”や”キャビン”もあるので、宿泊はそちらに泊まったり、キャンプ慣れしているゲストは、テントを持参してウェディング会場脇にテント泊。まさにフェスのような空間が広がりました。

 

スタッフと主役の2人+ご友人数名は前日から那須町野外研修センターに入って準備。

全長13メートルの大きなイベントテント「スターシェード」に加え、あいにくの雨の影響もありバックアップとして用意してあったタープも張って、今回のお2人とゲストのためだけのウェディング会場が完成しました。

当日の本番スタート時には小雨がぱらつきながらも、それを吹き飛ばす歓声と幸せなムード、スタッフの気合いで雨も止み、予定していた演目も実施できました。

 

アウトドアウェディングパーティーの演目

新郎新婦入場+ウェルカムスピーチ

マグナムボトル(大きなシャンパン)の開栓セレモニー+乾杯

ケーキカット

キャンドルワークショップ(キャンドルの先生に来てもらいました。)

丸太早切り競争

トーチサービス(キャンドルサービスの焚火版)

締めのあいさつ

 

ゲストに楽しんでもらいたいというアイディアとホスピタリティーの溢れる新郎新婦。

キャンプ場でのウェディングパーティーだからこそできる演目も取り入れられました。

丸太早切り競争は、新郎新婦のアイディアで、家族参加の父親が強制出場という家族対抗戦に。

周りのゲストの声援、子供たちの絶叫の応援、場数をこなしてるキャンプ場のスタッフによる”プロ”の進行で、びっくりするほどの大盛り上がりに。

キャンドルワークショップでは、日光のキャンドル作りの先生に来てもらいました。

作ったキャンドルは日暮れとともに各自テーブルに灯してデコレーションにしたり、ゲストのお土産にもなりました。炎の灯りはやわらかくて素敵なムードを作り出してくれます。

キャンドルワークショップのワンプレイト

ケーキは以前も那須でのアウトドアウェディング利用した那須の人気のケーキ屋ル・シェーヴルフイユさんにお願いしました。今回も彩りよく美味しく好評でした。

フードは、那須の農園から直送された高原野菜をふんだんに使ったサラダから、九州からいつも美味しいお肉を届けてくれるくり助のさんのパテと、グラハムバンズさんのバンズを使った特製ハンバーガー、みやじ豚のローストと、パーティーに華を沿えるラインナップに。(Food Coordination by Awesome Barbecue.com

昼間の緑に囲まれてのウェディングも最高に素敵ですが、夕刻からのライティングやキャンドル、焚火の灯りが際立ってくる時間もとても素敵です。

焚火が火が灯り、マイムマイムをしたり、語り合ったりと、ゲストの方たちは思い思いの時間を過ごして、那須高原の夜は更けていくのでした。

アイディア溢れる新郎新婦のお2人と、それに応えて盛り上げるゲストの方で言葉では表現しきれない幸せムード溢れる穏やかで素敵な時間が流れていました。

貸切ということもあって自由度の高くウェディングパーティーが叶うのがアウトドアウェディングの魅力。その魅力をお二人のアイディアで存分に取り入れていただいたアウトドアウェディングパーティーでした。

末永くお幸せに。

 

協力:

那須町野外研修センター

ワンプレイト

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です